PLANT
事業所紹介
本社 長崎リパーツ
長崎リソース
ファクトリー
鳥栖工場
長崎アルティング
非鉄金属
リサイクル工場
長崎トレーディング

長崎アルティング

吉川金属商事 長崎アルティング
役目を終えた廃棄エンジンから生まれる
新たな素材。
長崎アルティングでは、長崎リソースファクトリー・鳥栖工場で取り外したエンジンミッションから高純度のアルミインゴットを製作しています。エンジンミッションを構成するアルミはもともと純度が高いため、これを再利用すればアルミ鉱石(ボーキサイト)から製作するよりコストと時間が節約できるだけでなく、省エネにも多大な効果をもたらすのです。
廃棄自動車の、エンジンミッションから
高純度のアルミインゴットを精製。
吉川金属商事 長崎アルティング アルミインゴット精製 事前選別
事前選別
まずセルモーター・コンプレッサーなどの部品を取り外し、再利用可能なパーツは再生処理します。次にプラスチック類やハーネス等の不要物・不純物を完全に除去してアルミの溶解効率を高める準備をします。
吉川金属商事 長崎アルティング アルミインゴット精製 エンジンクラッシャー
エンジンクラッシャー
事前選別を済ませたエンジンミッションを強靭な歯を持つ専用のクラッシャーで破砕します。破砕後はベルトコンベアー上で再度不純物を取り除くことで、さらに溶解効率がアップします。
吉川金属商事 長崎アルティング アルミインゴット精製 アルミ溶解炉・アルミインゴット精製
アルミ溶解炉・アルミインゴット精製
破砕片を溶解炉へ入れ、約1時間かけてアルミの融点(660℃))以上に熱して完全に溶かします。約700℃に達したアルミ融解液(溶湯)を型枠に入れて冷却すると、純度の高いアルミインゴットが完成します。なお溶解炉の燃料は、自動車解体時に回収した廃油を再利用しています。製作したアルミインゴットは自動車用エンジンの材料として再利用されます。
吉川金属商事 長崎アルティング アルミインゴット精製 集塵機
集塵機
排煙に含まれる有害物質を集めて取り除きます。年に1度ダイオキシン類濃度の測定を行っています。最新の測定結果では、測定基準値5ナノグラムを大きく下回る0.19ナノグラムという結果がでています。
吉川金属商事 長崎アルティング アルミインゴット精製 油水分離層
油水分離層
油水分離層は複数回処理をすることで水と油を分離します。処理された水は、クリーンな状態で工場外に放流されます。
吉川金属商事 事業所紹介 長崎アルティング アクセス
(株)長崎アルティング
〒856-0042 長崎県大村市平町1934
TEL.0957-54-8087 FAX.0957-54-8061
営業時間 08:00~17:00
定休日 土・日・祝